脳神経外科・内科
手足の脱力やしびれ・ふるえ、てんかん、意識消失、頭痛、めまい、頭部・頚部打撲など、脳や脊髄(中枢神経系)、あるいは末梢神経全般の症状に対して日本脳神経外科学会専門医が対応します。
 また、パーキンソン病・症候群、不随意運動、多発性神経炎など神経内科的疾患にも対応いたします。ALSに対するラジカット点滴にも対応します。
 一方、突然に手足が動かない、またはしびれる、言葉がしゃべりにくい、物が見えにくい、身体がふらつく、激しい頭痛など脳卒中を疑わせる症状が見られたら、なるべく早くに来院されることをお勧めいたします。入院が必要とされる場合には、入院設備の整った急性期病院を紹介いたします。
 さらに脳・神経疾患に対するリハビリテーションにも力を入れていますので、まずはご遠慮なく御相談下さい。